レーザー脱毛って痛いの?

完全処理後はセルフケアが不要に

さまざまな脱毛方法の中でも、効果の高さで人気を集めているのがレーザー脱毛です。
レーザー脱毛はレーザー光を肌に照射することによって発毛をつかさどる毛母細胞などの組織に熱ダメージを与え、毛の再生能力を失わせる技術です。完全に処理するには一定期間をおいて複数回にわたった施術が必要となりますが、処理後は二度と毛が生えてこない、いわゆる「永久脱毛」を実現することも可能です。
非常に処理能力の高いこの技術ですが、口コミなどを見ていると「レーザー脱毛は痛い」という評判があります。ただし、その程度は脂汗が出るほどだったという人もいれば、毛抜きで毛を抜く時の痛みと大して変わらなかったという人もいて、感じ方は人それぞれとなっています。

痛みを軽くする方法もある

レーザー脱毛を取り扱っているドクターの中には「痛みがないのは効果が弱い証拠」とまで語る人もいます。となると、自己処理要らずのツルツル肌を実現するにはある程度の痛みは我慢すべきということになります。
ただ、痛みを軽減する手段はいくつかあります。自分でできるものとしては、施術日前夜はしっかりと睡眠をとること、保湿ケアを入念に行っておくことなどがあります。いずれも肌が敏感になり過ぎるのを防ぐのに役立ちます。やはり肌が敏感になりがちな、生理前後の受診も避けるようにします。
また、肌を冷却すると痛みを感じにくくなるため、施術前に冷却パックなどの使用を依頼するという手もあります。
それでも耐え難い場合は、別途料金はかかりますが麻酔を使用してもらえば痛みを相当程度軽くすることができます。多くのクリニックでは、笑気麻酔や塗った部分だけ感覚が麻痺するクリーム麻酔などを使用しています。

レーザー脱毛を銀座で行う事によって、とても質の高いサービスを受けられますので、料金の価値を十分に感じられます。