レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いとは?

毛の再生能力自体を低下させる点で共通

ムダ毛の処理方法にはさまざまな種類があり、毛抜きや脱毛ムースなどを使えば自宅で自ら処理することも可能です。
ただ、こうした自己処理による脱毛は基本的には今生えている毛のみを処理するもので、これから生えてくる毛に対しては効果がありません。これに対して、クリニックやサロンで行われているプロの脱毛は毛の再生能力そのものを低下させることを目指しています。そのため、処理後は日常のお手入れが非常に楽になるという利点があります。
現在、プロの脱毛技術として広く行われているのが、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の2種類です。どちらも原理は似通っていますが、使用する機器に違いがあります。レーザー脱毛の方は医療機器を用いるため、医療機関でのみ施術が許されています。

利用する光の種類に違い

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、いずれも光を肌に照射し、そのエネルギーで毛根やその周辺組織に熱によるダメージを与えて、脱毛を促すばかりでなく発毛をも抑えるという点で共通しています。
異なるのは、レーザー脱毛はレーザー光を使い、フラッシュ脱毛は白色ランプの光を使うという点です。
両者を比べてみた場合、レーザー脱毛の方が狭いポイントに集中してエネルギーを照射できるため、より高い効果が期待できるという利点があります。完全に処理した後は自己処理がまったく不要になる、いわゆる「永久脱毛」を目指すことも可能です。
これに対してフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛に比べると効果はマイルドです。ただしその分施術時の痛みが軽く、また一度に広い範囲を処理できるため施術時間が短くて済むという特徴があります。

レーザー脱毛を池袋で行うと、他の地域と比較をすると安い料金で施術を受けられますので、安く抑えたい希望がある方には最適です。